私には月に1回電話をくれる
同郷出身の女性がいます。

仕事のジャマにならないよう
終業時間のころに
「今忙しくないですか?」
と気遣って連絡をくれる方。

その方が今日おっしゃった
のが上の言葉です。

女性
「伊藤さん、お久しぶりです、
つい最近スマホに変えたんです」


「えー!そうなんですか!」
(驚く意味は後からわかります)

女性
「その時にね、ショックなことが
あったの?聞いてくれる?」


「はい、何があったんですか?」

女性
「スマホに変える申込書に
なかったのよ。”大正”の活字が。
年を取るって悲しいわねぇ…」

私が驚いた意味がわかりましたか?

この方、大正生まれで年は90歳以上。
携帯電話ショップに行って
自分で手続きしてきたそうです。

無事にスマホへ切り替えたら、
そこのスタッフ全員に拍手で
送られたとも。
(そうしたい気持ちがわかります)

この方は、私が5年以上前に
介護予防の運動教室で関わった方。

一番最初に電話をくれた時は
事業所の電話番号をiPadを使って
ホームページで調べたとのこと。

すごいですよね。

その後に続く会話でも、
「スマホはいいわ、画面が大きくて」
「でもメル友がいないのよ」
「今もね、週に1回は習い事に
出かけてドトールで食事するの」
などなど。

毎回感心しながら聞いてます、
この年でまだまだ進化してると。

15分くらい話をすると
毎回同じパターンで
次のやりとりがあります。

女性
「あ〜、会って話したいわ。
でもお忙しいでしょ?」


「いえ、事前に連絡を頂ければ
大丈夫です」

女性
「あっ、でもいいの、
声が聞ければそれでいいの」

90代とわかっていながら
キュンとくるこのフレーズ。
そして「また電話してもいいですか?」
とちょっと恥じらいながら追撃。

実際には、タクシーを使って
来ようと思えば来れる距離に
いらっしゃるのですが(笑)

この機会に元気でいる秘訣を
いくつか聞いたところ、

そのうちの1つが
『気持ちを若く保つこと』
だそうです。

気持ちは私より若いんじゃないか
と思える方です。

他の90代からも元気の秘訣を
聞いているので、関心のある方が
多ければまた紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA