「伊藤さんのやっていることを
一言で表すと何になるのですか?」
という質問がきたので

「ん〜、何だろう?」と考えてみました。

まず私は障害をもっている子どもから
高齢者の運動支援に関わっています。

ただ、その方々の前に立ってバリバリ
運動を教えているかというと
そうとは言えません。

実際に運動を教えることはありますが

「こんなやり方や考え方があるよ」
と伝えるたり示したりがほとんどで、
運動そのものの指導は私より適切だ
と思う方へお願いすることもあります。

それから、医療福祉関係の事業所などで
運動やリハビリの相談にのって
考えを整理することもあります。

こうやってみると

私のやっていることは
『再体育コーディネーター』
なのかなと感じました。

(再学習の中でも体育にフォーカス
しているニュアンスです)

体育とは大まかにいうと
・体に関する教育
・身体活動を通した教育
なのですが、

これまで学んできたことでは
うまく身心が動かなくなった時に、
もう一度学びなおすための
調整役かなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA