なにかと忙しく、「時間がない、時間がない」と聞くことが増えた現在。

こんな状況になることを45年前に予言したのでは?と思うような本がこの『モモ』です。「時間どろぼう」と盗まれた時間を人間に取り返してくれた「モモ」という少女の物語。

“時間”を”お金”と読み替えてみても、気づくことがあるかもしれません。

やや厚めの本ですが、文章はひらがなが多く漢字にもカナがふってあるので、夏休みを利用して親子で読んでみるのもいかがでしょうか?

 本の詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA