カテゴリー: 価値観・考え方

なぜスポーツはリハビリの手段になるのか?[孤立解消編]

自立と孤立は違います。 自立の中には 「助けて」と言えることと、 それに手を貸してくれる人 の存在も含まれます。 助けを得られる環境はあるけど あえて自力でやる人もいるでしょう。 でも孤立にはそれがありません。 この孤立 …

コントロールできない事をコントロールしようとするから悩む

もし何かがあなたの目の前で起こったとき、 それがあなたの対応できることであれば ストレスを感じることはなく その場を収束できることでしょう。 ただ、今の自分では対応できない ことだと「あ〜、どうしよう〜…」 …

ガンガン進めるだけがリハビリではない

病院への入院期間やリハビリ実施期間 が短くなっていることもあり、 もう少し運動能力や用具を使う能力を 高める訓練をしたいと思っても 病院やリハビリセンターでは 十分にできないことがあります。 できるだけ日常生活でリハビリ …

その“楽しい”は、誰にとっての“楽しい”か?

「みんなで楽しくやれることを 教えてほしいです」 障害がある方や運動が苦手な子の 運動/スポーツ支援に関する 研修などを担当すると こういった声を頂くことがあります。 どうせやるなら楽しくやりたい、 その気持ちはよく分か …