タグアーカイブ 支援マインド

著者:shw

障害はあるものではなく感じるもの

上に書いたことは、私がこれまで
“障害がある”と言われている子ども
から高齢者、運動が不器用な子ども
に関わってきて感じていることです。

研修や講義を担当するときも
考え方の1つとして伝えています。

(受け入れるかどうかは
聞いた方の判断に委ねています)

例えば、
続きを読む

著者:shw

集団での運動を通して、自分で考える機会をつくる

複数の放課後等デイサービスで
体育指導をしていますが、

ときどき誰かが泣きます(笑)

負けてしまった
うまくできなかった
誰かに順番越された などなど

でも基本的に私はまず状況を
見ています。この後どうするのか。
続きを読む

著者:shw

道具の使い方は1つじゃない

普段、発達障害がある(と言われている)
子どもたちが集まっているところに
出向いて体育支援をしていますが、

一般的な道具の使い方から外れると

「そうやって使ってはダメでしょ」
という声を聴くことがあります。

確かに、損壊を含めて危険だったり
他の子が嫌な思いをしていたりすれば
「それどう思う?」と声をかけますが

私は
「へ〜、そういう使い方もあるかぁ」
「お〜、面白い使い方だね〜」
と感じることがよくあります。

たとえば手作りリボンでの運動。

体操などで使うリボンは柄があって、
その先端にリボンがついている
わけですが、

ある男の子が柄の真ん中に
リボンを付け替えて
両手で持って遊んでいました。

それを見たスタッフさんから

「それはそうやって使う物では
ないよ」

という声も聞こえてきましたが、

他の子の迷惑にはなっていないし、
遊び終えたらまた元の位置へ
リボンを戻してくれればいいかな
と私は思っていました。

(これは一定期間の付き合いがあって
信頼関係があってのことですが)

実はこの子、道具を組み合わせたり
新しい遊び方を思いついたりする
ことが多くて、

将来すごいモノを発明するのでは
ないかと密かに期待しています。

注目を浴びるようになって
「その発明の切っ掛けは何ですか?」
とインタビューで聞かれたら
「小学時代の体育教室です!」
と言ってもらえたら嬉しいです(笑)

著者:shw

体育とリハビリテーション体育

『体育』は自分自身との関係を
築いていくための教育です。

赤ん坊が自分の手足を見て
「なんだこれ!?」と思っていたのが、
自分の意思を反映してうまく動かせる
ようになるイメージです。

そして『リハビリテーション体育』は
自分自身との関係を“再構築”する
ための教育です。

「前はこんなふうに動けていたけど、
同じようには動けないなぁ」
「以前はこんな風に感じたけど、
今はそう感じられないのよね」

そんなチグハグな状態を

様々な活動や対話を通して、
自分との関係を築き直していきます。

私たちの身体は年齢や環境、
気候や気分でも変化しますが、
その時にどう行動すればよいかを
知って実行できれば
学習できたことになります。