プロフィール

伊藤秀一

リハビリテーション体育士

障害のある子どもから高齢者、 
がん患者、運動の不器用な子どもの
リハビリや体育支援に関わって20年目。

関わりの中から
リハビリや行動変容の促進は
表に現れていない悩みや願望の
根源を知ることがカギと気付き、
悩みや想いの整理に重点をおく。

個別に対応した方の中には
●足取りがおぼつかなかった高齢者の
 歩行スピードが2倍にアップ
●自転車にまったく乗れなかった
 小学6年生が個別指導4回で
 立ち漕ぎまでできるようになる
などの事例がある。

リハビリや体育指導の他、
大学での講義や書籍の執筆も担当。

長年たずさわってきたスポーツは
サッカー・フットサル

■略歴■
山形県鶴岡市の小さな農家に生まれ

子どもの頃は畑や林で主に遊ぶ。

運動が得意だからという理由で
体育系大学を受験するも、
所属していた
部活動内でただ1人
どこにも受からず。

あまりの悔しさに1年間ほとんど
人と会わず勉強に打ち込む。

早稲田大学人間科学部スポーツ科学科 入学

在学中、運動の勉強をしている
にも関わらず祖母の膝障害に対して
何もできないことへ無力感を感じ、
運動・スポーツを通したリハビリを
学べるところがないか探し回る。 

国立障害者リハビリテーションセンター学院
リハビリテーション体育学科 入学

上記校卒業後、
宮城県内の高齢者施設へ就職。

“やってもらう” リハビリから、
“自分達でやる” リハビリを展開。

周りのリハビリ職や医療職から
「ウチでもできないか?」
と声をかけられ
訪問リハビリテーション体育事業
開始
(2004年4月〜)

東北大学大学院医学系研究科に
研究生として1年在籍(2006年度)

■主な役務■
・東北文化学園大学 医療福祉学部
非常勤講師(2012年4月〜)

・障がい者スポーツ指導者協議会
東北ブロック研修部長(2018年4月〜)

・東北福祉大学
非常勤講師(2019年4月〜)

・日本リハビリテーションスポーツ学会
理事  副会長(2019年4月〜)

・健康運動指導士会 宮城県支部
役員(2015年7月〜2016年1月)

■登録協会/団体■
・財団法人 日本障害者スポーツ協会
・日本リハビリテーション体育士会

■免許・資格■
・健康運動指導士
・上級障害者スポーツ指導員
・中学校保健体育 第一種教員免許
・高等学校保健体育 第一種教員免許
・介護支援専門員(ケアマネージャー)
・介護福祉士

■実績■
指導実績
講師実績
研究実績
メディア掲載

■受賞■
2014年度(平成26年度)

医療体育研究会
年間最優秀事業賞

■書籍■
・イラスト アダプテッドスポーツ概論

・高齢期の体力は2つのことで上げる

■仕事のサイト■
リハビリテーション体育 リプラウド