11時間のフライトを終えて
先程日本に到着しました。
様々な仕事をしている方とも出会え、
とても濃い内容の8日間でした!

観光旅行だとしたら見ることが
難しいところを視察でき、

さらに、それがどのような経緯や
マインドに基いて行われているのか
を丁寧に解説いただけました。

働き方、エネルギー、食、
市民活動、移民問題など

様々な分野に渡りましたが

その根本にあることは
・人は一人一人違うことを認める
・しっかり議論し、代替案を考える
・相手の得意なことにフォーカスし
協力して物事を進める
・ルールはありながらもシンプルで
自由を認める

など教育が肝言えそうでした。

リハビリテーションを考える際、
手足を動かせるようになったり
車いすを使って自分で移動できる
ようになったりすることは、本来

『自分はどう生きたいのか?』

という前提があって
「だからこうできるようになりたい」
という流れになります。

ただ、

自分はどう生きたいのか?
どう在りたいのか?を考える時に、

「自分だけ良ければそれでよい」
ということでは他の人との共生や
生活の継続は難しくなることでしょう。

これは自然との関係もしかり。

今回、この視察へ参加するにあたって
帰国したらやりたいと思っていたこと
があります。

それは、単に脚が動くようになるとか
精神的に活性化できるということを
超えた“生き方のリハビリ”

『ライフスタイルリハビリテーション』
です。

生きていくために自分の中へ
どんなマインドを持っておくか?
それに基づく行動指針は何か?
それを対話や運動などを通して
再構築する取り組みです。

今回の視察で得たことをまとめきれて
ないので、まだ漠然としているところ
もありますが、

関心のある方は
今後の話し合いやプログラム作成に
参加いただけると嬉しいです。

11月25日(土)に仙台で開く報告会にも
ぜひお越しください。

詳細は月曜日以降にお知らせします。

※写真は朝目が覚めるといつも
ニコッと笑いかけてくれる
デンマークのコンセントです。

これも意図的なデザイン
なのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA